HOME>トピックス>職人が減っていることで、待遇面が格段に上がっています

目次

広がるチャンス

男女

安定した暮らしを望むのであれば、手に職を付けるのがベストだと言われています。そんな中、理容師にスポットライトが当たっています。理容師と言えば、個人の散髪店をイメージする方が大半ではないでしょうか。無論、東京都内には既存の散髪店がたくさんあります。しかし、ここ数年でグッと勢いを増しているのが格安理容のお店です。求人数が増えていて、若者が多く採用されています。最大のメリットは福利厚生の充実で、保険の整備や賞与があるので安定感が抜群です。理容師としての経験がなくても、見習いから始めて資格取得を目指すことが出来ます。女性の理容師も増えていて、社会のニーズと一致しています。

休みの多さが魅力

女性

一般的にですが、散髪店の休みは月曜もしくは火曜と決まっています。組合のルールで仕方がないのですが、格安理容のお店は年中無休の営業です。土日や祝祭日は、交代で休めるメリットがあります。東京の理容師求人が増えているのも、待遇面が恵まれているからではないでしょうか。

修行を積んで独立

カット

最初は企業に勤務をしていた理容師が、一定期間の修行を経て独立するケースがあります。個人経営の理容室であっても、東京は全てにおいて規模が違います。一つのお店に5~10人の理容師がいる場合もあり、それだけ求人も多く出ることになります。