それぞれのところで随分と待遇が異なる

タクシー

東京には、たくさんのタクシー会社があります。全国規模のところもあれば、個人に近いようなところも存在しています。そのため、もし本格的にどこかの会社に就職するとなればどこ選んだらよいのかわからないでしょう。そこで、理解しておきたいのは会社によってそれぞれ特徴があることを知っておくことです。規模が大きい会社と小さい会社は、何が違うかといえば一番の違いは福利厚生や研修制度の違いそして採用されるまでの違いが考えられます。一般的には、ある程度大きなところの場合には福利厚生や研修制度が充実しています。家族がいる場合などは、福利厚生を使えば安く旅行に行くことができるでしょう。研修制度がしっかりしていれば、即戦力のような使い方をされず安心です。

小さなところのメリット

タクシー

東京のタクシー会社にも、小さなところも存在していますがその最大のメリットは入社しやすいことです。ある程度大きなところは名前が知れていますので、競争倍率が激しいと言えるでしょう。そのため、自分がいくら希望したとしても会社側から良い返事がもらえなければそこに就職することができません。このように考えれば、大きな会社は必ずしも良いとは言えないことがわかります。逆に小さな会社ならば、それほど人気がないことが多いため競争倍率も低く入社しやすいです。入社しやすいメリットはなんといっても、就活期間が短くなることでしょう。

給料をたくさんもらいたい場合

女性

東京のタクシー会社では、大手のところほど給料が高い傾向がある点は否めません。それだけでなく、安定しているのも大手の会社です。ですが、本格的にたくさん稼ぎたいと考えているならば、必ずしも大手のところを選べばよいわけではありません。それよりも、着目したいのは会社の大きさではなく歩合制になっているかどうかでしょう。基本給と呼ばれる給料がありますが、これに加えて歩合制がどこまで採用されているかが大きなポイントになります。歩合制ならばどれだけ多くのお客さんを乗せるか、そしてうまくいけばどのように指名してもらえるかまで考える必要があります。営業がうまい人などは歩合制でかなり稼ぐことができるでしょう。

十分に補償してくれるかどうか

タクシー乗り場

東京のタクシー運転手は、深夜に出動することが多いです。昼間の時間帯よりも最終電車を逃した深夜の時間帯が主な活動時と考えているタクシードライバーも珍しくありません。そして、実際に11:00から12時過ぎが良くタクシーの稼働している時間帯になります。このように、遅い時間帯になりますが不規則な生活になると眠い状態で車を走らせなければならないこともあります。そうすると、事故など起こしてしまう可能性があるでしょう。この時会社単位でどこまで補償をしてくれるかが重要になります。給料などの待遇面も重要ですが、安心して働くならばいざという時のことも考えて会社選びをすべきです。